"やまぞいはひとときはれ"  

山行き報告のページです。
見て頂いて雰囲気が伝われば幸いです。

管理人  イワキ 婦中町在住です


歳は   昭和を四半世紀に満たない程度生息したようです。

山暦   継続的には2005年から始めてます。
      氷点下は苦手で、更に高いところと岩場は駄目、雪渓の急斜も怖くてヘッピリです。
      藪が好きと言うより岩場よりマシ程度に好き。

      方向オンチでGPSが壊れたら人生に終止符が打たれるときであろう。

釣り    渓流釣りを少々。テンカラ竿1本で源流藪こぎ派だった。最近はご無沙汰です。
           1匹釣れると満足である。ボウズでも楽しいのが渓流の醍醐味とおもう。

スキー  どんなコケ方をしても怪我しなかったのは数十年前の話。
      山スキーは谷を滑るらしいが、怖くて尾根藪をトレース通りに下ってます。

バイク   秘境に行くには、やっぱりオフロードでしょう。愛車はSX-200
      主に渓流に行く足と登山口の偵察用。

車     とうとう憧れの四駆に変えました。

酒     飲めば遭難確定です。


勝手に藪のレベルを・・・
      1級 上半身が見え撮影に最適な藪原
      2級 後続からは首上が認識でき面白い写真が撮れる
      3級 満喫できる藪、代償に脛・腕に傷ができる、時々現在位置を確認しないとヤバイ
      4級 押しのけて進もうとするがしょっちゅう藪蟹に挟まれ、装備を剥ぎ取られ.る
      5級 エテ(猿)登り、空中散歩、匍匐前進の繰り返し、現在位置が解らずとても不安