大日岳  2017-4-2
下からやばそうな雰囲気が・・・。知っていれば落胆は少ない偽ピーク。
視界が開けたら千石に向っていました。追っていたトレースも先で引き返してます。登り返すと雲が晴れてきた・・・。
広い山頂を取り囲む雲、冬の様に寒く緩んでいた雪はみるみるカリカリモナカになり横滑りでトレースを追うしかない状態でした。
知っていても・・・限界に近い私は見えたとたん落胆します。あと少し早ければ釼が見れたらしい。
今回行かないと来年は行けないかも・・と進む。下から見て見事だった辺り
早乙女・・・途中でスピードが落ちたが何とか到着。上から降りてきた人の話では雪は少し緩んでよいコンディションだと。ラッセルも無かったしこんなチャンスは滅多に無いので先へ。
コルに到着、強い日差しだが未だ枝に氷が付いている。
早乙女に続く谷を覗くと大した雪屁が出ています。
帰りにまともに滑れたのは雪の腐ったコット谷だけでした。
連続堰堤は右岸のデブリを抜けてから板を履く。カスミ谷を覗く
暫くは大丈夫そうなブリッジが残る。5つ目の堰堤
3つ目の堰堤と4つ目の堰堤共に雪が固くて蹴りこみが入らず苦労しました。
小又川へ、雪はガリンカリンでスキー靴で歩けました。
既に3台の車がゲート前に居ました。道路が所処凍結してます。