駒ヶ岳  2016-06-19
長い西北尾根は山頂しか雪が残っていない。
ようやく成谷山
痩せたゼンマイ。
滝倉が見れず又来ようと思う。帰りは成谷山辺りから雨に降られるが、涼しくて快適でした。
約6時間で駒ヶ岳に到着。
最後の登りがなかなか辛い。
初めて北駒に登ったのは×印・・・過酷なイメージが焼きついてたのが今回で一新されました。
4時間かけて僧ヶ岳、先へ行こうと言われなければ進まなかっただろう。
遠い北駒と更に遠い駒・・・僧ヶ岳手前に残雪
聞いても聞いても忘れる花の名前・・・
こちらの池は雨が降らないと酸欠になりそう・・・
ちゃんと孵化したら下が池の場所に産み付けられている
数多くの標柱が点在している。
「伊折山へ」の標識はあるが伊折山は尾根の途中なので気づかずに過ぎる。
雪の消えた阿部木谷、出発の時に思ったが6月半ばなのに水量が少なく感じた。8月になったら枯れるのではないかと思うほどに・・・
出発を早くした程度では暑さと虫からは逃れられない・・・
良く見かけた登山口、下った事はあったが登るのは初めてだろう。標高がみるみる上がる。