土倉山 4   2016-2-27 
取り付きの杉林は雪が薄い、一度は埋まった急登支援隊の藪も出てきた。
雪は先々週より減りストックがアスファルトを叩く場所もある。
出発時に稜線がひかり始め先客の林道に向いたカメラが音をたて始めたのでマネて見ました。1分程で音は止み、一声かけて前に出る。サラサラのパウダーが20~30センチ積もっていた。
下山すると朝は真っ白だった林道が所処で半分出てました。
風が冷たくまだ冬の様相が拝めた。
稜線に近づくと谷側には樹氷が残っていた。
崩れた断面では3M弱。最後の段差は雪が切れていた。
だんだん霞が強くなって剣が見えなくなった。