ノドの滝は雪渓が落ちていた。
こんな所にキノシタが・・・
ヒュッテの北側は色づいてきているが池の周りは未だ青い。
仙人峠の吹きさらしは赤くなっている箇所がある。甘いブルーベリーが豊富。
本日のお客さんがギターの名手、佐方さんと二人で’70~’80の名曲生演奏会。
霧越しの八つ峰、小屋に着くと連泊のテント1名と泊まり2名。
雨の中出発、掃除していると眼鏡の忘れ物がある。出発準備も手際良さそうでしたが残念賞。
仕事一段落して旧鉱山道へ偵察に行く、危険な抱き岩は落ちてザレ場になっていた。昨年回収できずにズタズタになったロープはとても危険で撤去する。
坑道に案内するつもりで来たのだが、入り口が新たに崩落、何とか中に潜り込むが危険な状態に恐れをなして慌てて脱出する。上空にも次回落ちるであろう大岩も有り、此処も歴史書でしか拝めなくなるのだろう・・・
突撃、隣の晩御飯・・・ではありませんが双方お客ゼロなので白川さんを連れ交流会。
池の平小屋3   2015-8-29-30
一の俣から雪渓に乗る、滝は未だ埋まっていて二の俣から夏道に入る。雪が豊富だと単調な雪渓はガスが濃いと穴を見落としたり、位置が解らず不安になります。ガスもビビリの強敵の一つです。
:雨の静かな八つ峰
お世話になりました。


仙人温泉下の雪渓は今年は橋を架ける前に片付けられる事になるのかもしれない。仙人温泉はボランティア4名が駆けつけ修復に忙しそう。登り始めると木下さんに出会う。此処に来る為トレーニングし過ぎて・・・なんて元気一杯でした。
お客さんが居ないときは節電でランプの宿になる。もう遭難者も来ないだろうと佐方さんも遅くにやってきた。次回は出張演奏に・・・「多分カメラマンに集中できない~と叱られますよ!」
1400mアカモノ、ナナカマド、オオバカメノキが赤い実を付けている。白豆のような実をつけているのは何だろう?
雨模様ですが一瞬の青空に元気付けられる。見たのは上山中のコレが最後・・・