大倉山  2014/01/05

頭電スタート、伊折-虎谷線に出るころには明るくなった。伊折三角点経由

10センチ程パウダーの下に硬いザラメでシールが効き難く多く刻みながら進む

3時間を過ぎると後を付いてゆく事も大変になる、正面に大倉右に土倉

良く晴れて日差しが暖かい、三角点には行かず手前Pでシールを外す。パウダーのうちに上り返しまで滑る。

 6:00 登山口
 8:10 伊折三角点
 9:15 1058P
10:30 山頂
10:50 滑走
11:10 1025mP昼食
12:20 下山
13:30 登山口