池の平小屋、池の平山南峰・本峰  2013.8.16-18

ヤマギシさんと待ち合わせにより黒四ダムからのコースを行く。累積標高差2400mを重荷で耐えられるか心配だが、一度は通ってみたかった。切符売り場で聞き扇沢のトロリーバス降車口から9:05日電歩道へ入る。キャベツ、マーボの元、ボルト他をホリ君バンドー君の4人で分配する。

20年ぶりの日電歩道はダム下の橋位しか記憶に無い。橋の資材や草刈機がデポされていて整備されているのが伺えます。

10:10 内蔵助平方面の分岐に入る

最初から急な登り、危ない箇所は整備が行き届き危険は無い。12:15真砂沢への分岐

枯れた沢に入り分岐を見落とさない様に進む。コースは次第に急登に・・・

登りに入ると私のペースが落ちる。すみませんナメテました・・13:40峠

峠から遥か向こうに池の平。こちら側から見た八ツ峰が新鮮。

斜めになってるハシゴが幾つもある。「お前らハシゴ谷ナメテンジャネー」と言ってるみたいに攻撃的だ。歩きにくい・・・

先週は橋が無かったので25分と書かれた真砂へ向う。頑張って歩けば時間通りの様だ。雪渓には穴が開き中央に亀裂が入ってました。

橋は少し前に掛けられたとの事。15:35二股の橋。

皆に重荷を担がせているので少しでも早く歩きたいのですが、牛歩戦術の域をとうとう超えました。後で聞くと妖怪手長蜘蛛がゆらゆらと動いていたとか・・・18:05池の平小屋着。

4:50小黒部谷から来た人の話では、中仙人谷出会いの雪渓が悪く突破が大変とか。流行中のマイマイ蛾の産卵・・・剥がさないと後が大変です。

小窓に向う途中にハマちゃんが本峰経由で一旦下山とやってくる。我々の日程を詳しく伝えていなかったので一緒に行くつもりだったみたい・・・ごめん。通勤路が北方稜線ってカッコ良すぎでないかい?

小窓から池の平山南峰へ取り付く。

小窓からの登りは藪が豊富で何とかなりますが下りは凄く怖いです。残置ザイルは古くて信用ならない。

白萩手前まで行くと言う5人パーティーが居ました。藪に苦戦している模様。

私の様な臆病者でも藪が隣に有るだけで安心して登れます。

池の平山南峰は
お山の大将気分が
味わえます。

6月3日北日本新聞発表の富山百山は2561mなので北峰かな?なんで南峰にしなかったんでしょうね。
ケチやな〜。

帰りは花畑街道を下る。途中で蹴つまづいた石が止まらずにずっと跳ねながら下まで行った・・・下に人が居たらとても危ないです。下のほうに行くと金網に入った石袋が幾つか有ります。人通りの多い此方も徐々に整備しているとの話です。

下山してのんびりしてると、池に行く道の整備に誘われる。といっても、一人2籠ずつ石袋を作っただけです。一寸の仕事を色々と少しずつヤルのが嫌にならないコツだと・・・

ハマちゃん降りちゃいましたが、ヒュッテに顔を出す。双眼鏡で誰が来るのかバレていました。戻って夕食。

私には理解出来ませんが、高橋さんの笑顔から相当旨い?と推測するコツ酒。岩魚は焼いたものを冷凍保存してあり、少し焼きなおして出したものです。

今年作った絵葉書で完売No1と2の原画です。

バカチョンカメラで頑張る。60秒なので木下さんが消灯から戻るのが入った。

朝食メニュー

イタドリが満開の小黒部谷

「また野菜頼むちゃ〜」かな?

5時出発なので一寸硬い

6:30小窓から三ノ窓へ

一つ目の雪渓は高巻き、二つ目の雪渓は10m強アイゼン・ピッケルでも怖い!

7:50小窓の王の根元へ

石車に気を配りながらバンドに乗る

下の方は年々崩れている様だ。三ノ窓雪渓は近くまで豊富にある。

池の谷ガリーは左側が割りと楽かな?

8:50池の谷乗越、登りはルンゼの右手を登る。降った事は無いが、下りはルンゼにいかないと怖くて駄目かな?

登りきった広場。ガスが湧いていると・・・この岩を一周してパニックになったのを思い出す。

下のルートを通るとやはり足が届かず残置シュリンゲに命を預けました。

長次郎頭付近は県警のスコップが有り溝がきって有ります。下段ルートで。

10:00皆楽しそうな本峰です。

別山尾根名物の渋滞

12:50御前小屋では皆がヒールを空けて待ちわびる。
14:30室堂に妖怪手長蜘蛛が現る。
疲労困憊体験コースです。
バスに乗ったら気を失ってました・・・・