猫又山  2013-7-20

5:50ゲート発、ブナクラ堰堤まで30分の歩き。重機が居座りブナクラ谷復旧治山工事が今年いっぱい宣言されています。果たして1年で終わるんかいな?大猫への道は新しく切り開かれザイルが垂れていました。(帰りにザイル道を見逃して削られた土手に出た)重機が作った道を登り未整備のガレ場を降り堰堤上に出る。

登山道より上に工事ポールが見え一つ目の渡渉まで道を作ろうとしているのが伺える。崩壊によりブナクラ取水に影響があるのだろうか?・・仁王杉を通過

草が生い茂り涼しげなアーケードを進む。

登山道の水量はやや多く豪快に歩いていたら靴が浸水してしまった。

久しぶりのブナクラは結構辛い、8:20 峠で三度目の休憩

大熊山越に白山が良く見える。折尾谷側には雪渓が多く残っていた

赤谷に二人が上っていったので猫又へ進路をとる。上り始めの藪は心地よい。

あわよくば釜谷までと思ったがもう足が攣った。

東芦見との合流は大きな雪渓が残ってます。景気良く真ん中を歩いてたら途中でビビリスイッチが入り後悔、下なんか見んにゃ良かった・・・。

10:30 猫又到着、足が攣って座れず立ったままカップ麺を食す。誰も居なくて良かった

大猫山を見下ろし行き先決定、11:15下山グリセード失敗でベタベタになる。

コレ見れたので満足。多く人が通るのだろう以前とは違い道がはっきりしている。

2120m付近ピークを外して山と刻まれた石柱、12:20大猫山で大休憩

先客が「キレイですね」と・・・見上げると虹が出ていました。

大猫平を見下ろす

大猫平から見た池の平山と小窓

大猫の下りは厳しいです15:10ゲート着、膝が焼ける様でした。