瘤杉山   2013.5.12

黒部峡谷は宇奈月駅、券買所が開く前に並んでいたのは我々だけだった。貸切車両にて黒薙駅で下車する。8:25行動開始。

鉄塔でカッパを着込み朝露の藪へ入る。が、杉林の手入れが良く暑いだけ・・・

750m付近の瘤ブナ?を少し過ぎた800m辺りで、迷い易いと記憶にあったが何気に通過してしまう。其の為か下りでは隣の尾根筋に入ってしまった。杉とブナの境界を行くから解り易いと油断したのがいけない。960m辺りで植林がなくなる。

←毎回見る

杉林を抜け1000m辺りから広くなるのでテープを引く。岩場を越えるとピークに見える杉の辺りが楽になる頃でしょうか?手前の藪にわくわくします。

上り始めから山頂まで至る所にイワウチワが目を和ませてくれます。隣の藪と斜面との格闘も同様に・・・。

1100m辺りの急斜面は藪のおかげで全然怖くはありませんが慌てるとポキッと折れて下の藪へダイブします。無数の命の恩人に感謝です。

1150m付近の岩場は右へ回り込むと簡単に登れました。

急登が終わり緩くなると横に雪渓が残っていた。僅かな区間だが楽がてきる。

雪渓の終点で雪を確保。立派な杉をみながら進むと一際目立つヤツがいる。

良く見ると木の裂け目からもう一本生えてます。力こぶに乗っかっている様です。

絵になるところで一枚、12:00三角点まで行くと何と雪が残っていました。雪を運んだホリさんお疲れ様〜。

朝日岳〜剣岳

13:20 浜ちゃんの富山122座目達成にて退却

藪様さまです。皆カモシカみたいに早いから着いて行くのが大変。

:元気の有る人にテープの回収を任せて呼吸を整える。

黒薙駅15:40着
鉄塔に着いた辺りでプァ〜ンと言ってたのが丁度登り電車でした。残念。
1時間待って満員電車に乗り込む。
・・Nと二度も登っているのに今回も新鮮だった。物覚えが悪いと何度行ってもフレッシュ登山です。