猫又山 2012.10.27

中山の駐車場は何処かの観光地かと思うほど車が居ました。白萩川のゲート前もほぼ満車に近い、9:00ゲート発。ブナクラ堰堤までアライ氏とお喋りしつつ30分一寸。

ブナクラ峠まで紅葉を味わいながら進む。秋は藪草が枯れてさすがに歩き易い。途中大猫辺りを見上げれば雪が乗っていた。

峠から先一度は足を踏み入れてみたい折尾谷、小黒部谷が遥か向こうに見えます。今年は一度も行っていない猫又へ向う。

赤谷山を振り返り見る

猫又山まであと少し

今年一番の尻セードかな?

毛替わり中?

12:30辛うじて毛勝まで見えた

雪をかぶった東芦見尾根

雪があると下山はやはり楽です。でも20センチ程度の雪では足の置く位置によっては滑ってしまい何度か転倒。石の間に足が嵌る事もありはしゃぐのは禁物でしたね。

尻セードしてたのは今日トレースをつけてくれた方でした。下山時に遭遇、小佐波御前で会ったツジノ氏でした。

底の磨り減った靴では中途半端な雪がよく滑りますが藪に助けられながら注意して進む。

夏は風通しの良いこのガレバで休憩している今の時期は薄ら寒いが見晴らしが良いので白くなった奥大日を肴にコーラとオギニリをほおばる。