雑穀谷  2012.9.8

称名第○発・・・を登る。結構長く急登に付いて行けず、孤独旅。トンネルは約750mもある直線。入ると同時になかなかの冷気、足元を水がゴーゴー流れ隙間だらけの溝ゲタが気持ち悪く寒い、コウモリも飛来します。一人で来たら入りたく無いものです。

トンネル出口を出る。出口内側の鍵が掛かれば退路は断たれてしまうのが少し気になる。橋の向こうにも短いトンネルが有り其の先には小さな滝からの取水設備がある。見るかぎりトンネル以外の退路は無い。

巨石がゴロゴロと雰囲気の良い沢が続く、上から流れてきたものか数は少ないが小さな岩魚が時々走る。

のんびり入渓してから約2時間、突然先が狭くなる。

左から流れ込む広い沢のが雑穀谷、正面の細いのがザクロ谷

首まで浸からないと滝が見えない・・・水は痺れる程では無いが冷たい、少しだけ泳いでみる努力をしたら久方ぶりに大量の水を飲んで気持ち悪い。

少し先に足は届かないが突っ張り立ち出来る所があるので、細引きで引いて貰い行く。滝壺は深く広いものでした。

絶景を見るのには泳げるのが条件とは・・・
二人が戻った時に紐を引いてくれなければ確実に右の写真が現実になったでしょう。

次からは用心に浮き輪を持っていこうかな?